エステサロン開業は、誰にでも出来る
エステティック業というのは、身分や立場が法的に定められていません。すなわち、医師や看護師、美容師、理容師のように国家資格として確立していないのです。ですので、エステ業=自由業という位置づけで、開業自体は、飲食店のように市や区などから許可をもらう必要もないのです。
エステの開業を実現するのは、簡単です。極端な話何の資格や、許可もなく、あなたのご自宅の隅で適当なエステ化粧品を買ってきて、見ようみまねで化粧品を塗ってマッサージをして、お金をとってしまえば、明日にでもサロン開業が成立します。だから、”開業”自体はだれにでも出来る事なのです。
エステサロンの過去・現在・未来・・・・
欧米に比べて日本のエステティック業というのは、どこか不透明で信頼性にかけるのは、こうした立場的な位置や、「エステサロン」の存在自体が、確立されていない事に原因があります。
一般女性の約8割程度がエステに興味があるものの、実際エステサロンへ足を運んだことがある女性は全体の1割にはすぎません。なぜ、8割の女性がエステサロンへ通ってみたいという願望があるのに、たった1割の人しか実際にはエステサロンへ足を運ばないのでしょうか?
それは、「エステサロン」の存在自体が不透明な事と、やはり欧米と違いエステティックサービスを受けるという文化がまだ、日本では定着しきっていないのかもしれません。しかし、ネイルサロンをひとつとってみても、10年前は一部の流行に敏感な女性や芸能人だけが通う、贅沢な場所でしたが、現在はおしゃれな普通のOLさんや、主婦の方、学生の女性が定期的に通う場所として定着しています。
バブル時代には、「エステサロン」は、まだ特別な存在でしたが、もはやただ「エステサロン」でいるのでは、女性の心をつかめません。(最近ではメンズエステという言葉も定着しつつありますが)
10年前は、エステティックというと、痩身、脱毛、もしくは、フェイシャル(美顔)を中心とした化粧品や美容機器を使用して、施術していくものだけを指していましたが、現在は、アロマテラピー(アロマセラピー)、フィトテラピー、タラソ、アーユルベーダ、バリ風エステ、メディカルエステ(皮膚科エステ)、リラクゼーション、免疫エステ、または整体を取り入れた美顔矯正(小顔整体)なるものとどんどんそのサービス内容が細分化され特化しています。
美容のテクノロジーがどんどん進化していき、自宅で出来るホームエステなどの美容器具を安価で出回っており、また美容に敏感な女性が、自宅でアロマテラピーなどを上手に取り入れている今日この頃は、ただ『プロに任せる本格お手入れ』的な存在のエステティックサービスでは、お客様を取り込む事がだんだん難しくなっている現状なのです。
女性が働くようになって、そして晩婚化が進むことによって、自分にかけるお金や贅沢をするために、きれいになるためにと、『自分に投資する』事が当たり前になってきたため、これからはより、エステティックサービスに対する要求が個性化し、細分化し、専門化してくるでしょう。
資金力がなければ、工夫が必要
飲食業などの他業種と比べ、サロン開業には資金が多くはかかりません。しかし、その最たるものは、はやり”場所代”となります。都市部の立地条件の良い路面店や、ホテル、ショッピングセンターやデパートのテナントなどに出店する場合は、安くはありませんが、マンションの一部屋で開業した場合や、自宅の一室を改築する自宅エステでは比較的安価な初期費用で実現可能です。
十分な資金があり、顧客があり独立と同時に何人かのお客様が付いてくる、エステサロンで多くの売上げを上げた経験がある、エステサロンの経営に携わっていた経験があるなら別ですが、サロン開業に全ての資金を使い果たすというのは、とてもリスクが高い決断です。
立地条件など考え抜いて契約した手ごろな物件、サロンを運営していくための必要な備品、商材(化粧品)、施術用のベッド、名刺、お店のカードやパンフレットあなたの貯金はすでにだいたいなくなっています。その中には、プロのエステティシャンになるために、専門学校に通う学費も含まれています。
「お店も構えたし、こだわりの備品も商材、素敵な看板も全部それえたから、開店したら忙しくなるだろうなぁ。あとはどうお客さんをさばくか・・・」なんて思っていませんか?
あなたが”こだわって、こだわり抜いた、憩いのサロン作り”に精を出した事は、もちろん誰も知りません。
お分かりの通り、このままでは開店して何日すぎようと誰もお客様は来ないのです。
普通は顧客ゼロからのスタートですから、まずは集客マーケティングからはじめなければありません。集客方法は、さまざまです。チラシ、タウンページ広告、ポスティン、雑誌、タウン誌、フリーペーパー、インターネットなどの広告・宣伝などが主となっています。
最初から口コミで沢山集客できるとは思ってはいけません。口コミはあてに出来ないからです。
インターネットで上手に宣伝・広告が出来れば問題ないのですが、エステサロンは大変競争が激しく、なかなか多くの人の目に触れる事は簡単ではありません。しかしホームページなどは、基本的には無料ですので、成功すれば限りなく低予算の広告宣伝費で多くの見込み客を得られます。
その他の広告費はそれなりにかかります。開業して間もなくは、宣伝・広告費に多くの費用がさかれ、さらに既存客がないので、開店後3ヶ月くらいは、支出の方が多いとみて間違いありません。ですので、開店までに全ての資金を使い果たしてしまうサロン作りは、長続きしないので、余裕をもった予算捻出を心がけましょう。
備品などは、中古を利用するなり、安い家具を探すなどと工夫をする事によって準備コストは大幅に削減可能です。
またパソコンを使用できるのであれば、ショップカードやパンフレット、広告などのレイアウト、アイデアなど自分で考えた方が、集客効果も期待できます。最小限の”売れる”事を目的とした”エステ経営”のページに記載したマーケティングの本などを参考にして見てください。
サロン開店までにやらなければならない一番大切な事
上記ですでに、あなたは、多くのエステサロンからあなたのお店を選んでいただくには、”個性”や”特徴”が必要だという事を話しました。あなたのサロンが選ばれるということは、あなたがどのようなお客様に来ていただきたいかという『客を選定する、選ぶ』という事が必要になってきます。
「店(サロン)が客を選ぶの?」とあなたはびっくりされるかも知れません。しかし、エステサロンはこれからの時代、専門化して、特化していく、ニッチ(隙間)を狙っていかない限り、大手チェーンサロンに勝ち目はありません。誰をターゲットにするか、(年齢、職業、年収etc)をはっきりイメージすれば、お客様を選ぶ店になっていきます。自然とお客を選ぶお店は、お客様から選ばれるサロンとなっていくのです。これは、次のエステ経営法でじっくりと実例を上げて検証していきます。
さて、いよいよあなたの念願の店がオープンしました。あとは、1年後、2年後倒産・閉店なんて事にならないように、あなたや従業員が十分食べていけるように儲ける繁盛サロンにするために、必須条件である『エステサロン経営術』を学んでいきましょう・・・ 【エステサロン経営成功法】